So-net無料ブログ作成
検索選択

「速読」で脳の処理能力アップ 受験、仕事、スポーツに役立つ(J-CASTニュース)

 文章を速く読む「速読」が受験、資格取得、スポーツといろんな分野で注目されている。「速さ」に必要な「見る力」を養うと、本を速く読めるだけでなく、脳の処理能力そのものが向上するといい、スポーツにもプラスに働くのだという。

 普通に本を読む場合、1文字1文字を目で追う「なぞり読み」をする。一方で速読は、複数の文字を同時にすばやく見て、読み取っていく。「飛ばし読み」や「斜め読み」と異なり、内容の理解度や記憶は、普通の速度で読むのと変わらないと言われている。

■「仕事の処理スピードが上がった」

 速読を身に付ける上で欠かせないのは「見る力」だ。視点移動が速くなり、数行の文章を「かたまり」として捉えられるようになると、格段に速く読めるようになる。また、速読トレーニングを行うと、「脳の処理能力」そのものも向上していく。

 一般的な読書速度は1分間に500〜600字とされているが、速読力を鍛えると1分間に1000字以上読めるようになる人が多い。日本速脳速読協会によると、個人差はあるが、1回のレッスンでも効果が出ることが確認されている。ただし、速読力を定着させるには、ある程度、トレーニングを続ける方がよいという。

 日本速脳速読協会は全国の約530の学習塾に速読レッスンのノウハウを提供している。2010年春以降は新規開講塾が相次いだ。塾には保護者から「速読をやっているか」という問い合わせが増えており、塾のPRとしても一役買っているようだ。

 社会人にも需要がある。日本速脳速読協会社会人教室の受講生から、「仕事の処理スピードが上がった」とか「記憶力や集中力がついた」といった声が挙がっている。資格取得を目指している人には、試験問題を早く読めて、回答に時間をかけられるようになったと好評だ。また、速読は動体視力を鍛えられるので、スポーツ選手にも注目されている。

英語速読、資格試験速読、ビジネス速読もお目見え

 日本速脳速読協会の広報担当者は、

  「速読を身に付けると、仕事、資格試験、読書、スポーツなど様々な分野で生かすことができ、人生を豊かにできます。年齢に関係なく、トレーニングを受ければ誰もが効果を実感できます」

と話している。

 速読専門のスクールもある。「SP速読学院」は1997年に設立され、東京、大阪、名古屋、京都に教室を構えている。通常の速読の他に、英語速読、資格試験速読、ビジネス速読などの多様なコースを展開する。

 テレビなどで取材を受ける機会が増えたこともあって新規の申し込みが相次ぎ、2010年4〜5月は売上げが以前の1.7倍に増えた。受講者は小学3年生から60歳代までと幅広く、学生と社会人の比率は4:6、男女比は半々だ。最近は不景気を乗り切るためスキルアップしたい、という会社員が増えている。

 橘遵学院長は、

  「たくさん知識を身に付ける必要のある弁護士、弁理士、公認会計士といった職業には欠かせない技術です。以前、膨大な過去の事件から犯人を捜している警察関連の人が受講したこともありました」

といっている。


■関連記事
100円で書籍まるごとスキャン 申し込み殺到し数か月待ち : 2010/06/08
「新聞離れ」ウソだった? 「読む91%」に違和感の声も : 2010/06/08
夏の風物詩「花火大会」続々復活 手賀沼、袋井、須坂、横浜 : 2010/06/07
150km剛速球を簡単に打ち返し! 話題の「速読」トレニーニング本 : 2010/05/31
総理はなぜ1年で辞めるのか : 2010/06/08

<野島埼灯台>水銀漏れでピンチ 夏の観光シーズン目前、一般見学中止(毎日新聞)
10人不明の漁船沈没事故、船内で2遺体発見(読売新聞)
警視庁巡査長が拳銃自殺 東京・杉並区(産経新聞)
介護用品で死亡事故2件(医療介護CBニュース)
【近ごろ都に流行るもの】中価格帯ホテル 等身大の個性と癒やし(産経新聞)

教師らに大規模アンケート=資質向上策検討に活用―文科省、4万人超と関係団体に(時事通信)

 文部科学省は教員の資質向上策について、現役教師ら関係者4万3000人と、教員養成課程がある国公私立大学や教育委員会といった約2800団体を対象にした大規模アンケート調査を近く実施する。現在の教員免許更新制度や研修の在り方などについて幅広く関係者の意見を聞く。同省によると、教員関係施策に関し、これだけ大規模なアンケート調査を行うのは初めて。
 調査対象は、公立小中高校などの現役教員2万人、学校長1万人、保護者1万人、教員を目指す学生3000人のほか、教員養成課程を設けている全国の864大学と都道府県・市町村の1935教育委員会。月内に質問用紙を発送する。 

【関連ニュース
ハーグ条約でアンケート調査=外務省
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
海外市場、過半数が重視=リストラ志向から転換へ
企業の資金需要改善=5期ぶり

【首相辞任】「すべてが中途半端」「何だこりゃ」「辞めるって逃げること」 あきれた街の声(産経新聞)
日中首脳会談 友好ムード演出 韓国艦沈没は中国に配慮(毎日新聞)
野口さん、親しみやすい飛行士として活躍(産経新聞)
辞任、10日前ごろから考慮=鳩山首相(時事通信)
俳優の宝田明さんが追突事故 けが人なし 東京都北区の交差点で(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。